人気ブログランキング |

トランスメディア提供アイコン01 フィンランド・メタル・シティ?

DMCのクラウザーさんもびっくりなニュースをクリッピング。

ZAKZAK:北欧からアキバに…怪物ヘヴィメタ“怪”進撃のワケ
「 怪物ヘヴィーメタルが北欧から降臨?! フィンランドで国民的人気を誇るロックバンド「LORDI(ローディ)」が、なぜか日本では東京・秋葉原からブレークの兆しを見せている。見た目は、KISSや聖飢魔IIも真っ青のグロテスクさなのだ。

 LORDIは、KISSファンクラブのフィンランド支部会長を務めていたMr.ローディを中心に1996年結成。悪魔メークに似合わぬメロディアスなロックは、幅広い年齢層を魅了。ついに2006年には“歌の欧州選手権”ともいえる「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」にフィンランドを代表するバンドとして出場を果たし、史上最高得点で優勝した。

 「首都ヘルシンキの野外広場に10万人の観衆を集めた凱旋ライブでは、大統領も駆けつけた。悪魔がヒーローになった瞬間だった」と音楽関係者。

 そんな北欧のモンスターが、今年1月にはアルバム「ハード・ロック黙示録」を引っ提げ、日本デビュー。日本では無名バンドなのに、2月5日付のオリコン洋楽ランキングで、いきなり13位にランクインする快挙を成し遂げた。3月18日には、秋葉原の電器店の大型ビジョン3つを終日ジャック。発売元のBMG JAPANによると、「日本のローディの売り上げのうち、10分の1が秋葉原で売れている」と“怪”進撃を続ける。

 人気のワケを音楽ジャーナリストの伊藤政則氏は、こう分析する。

 「まず、見た目のインパクトと、わかりやすい音楽のギャップだよね。今ヨーロッパでは、70-80年代ロックが盛り返していて、KISSの面影を見ているのかも。秋葉原でウケるのは、クサイくらいに大仰な“クサメロ”が、日本のアニメ音楽にも相通じるからかな」

 かつて、ヘヴィーメタルは、他の音楽ファンから「ダサイ」とレッテルを貼られたものだが、ネット配信全盛で、J-POPも、アニメソングもヘヴィメタも同列に聴く若者も多く、これも後押ししているようだ。」
(上記記事より一部抜粋)


ちなみに来日公演するそうです。

アニメとヘヴィメタというと昔WOWOWで放送されたアニメ「課長王子」を思い出すなぁ。
ちなみに主題歌(「Cautionary Warning」byJhon Sykes)はバリバリのヘヴィメタでした。

by AshikaRecord | 2007-04-05 23:50 | 音楽

<< 今夜の関東深夜枠 今夜の関東深夜枠 >>