人気ブログランキング |

トランスメディア提供アイコン01 なんか欲しくなったかも

つーわけでクリッピング。

ターボリナックス、Linux環境を持ち運びできるメディアプレーヤー
「 ターボリナックス株式会社は、Linux環境を持ち運びできるメディアプレーヤー「wizpy(ウイズピー)」を2007年2月に発売する。価格は3万円を切る見込み。

 1.71型OLED液晶と4GBのフラッシュメモリを搭載した筐体に、Linuxをプリインストールしたメディアプレーヤー。主な機能として、 OGG/MP3/WMA/AACに対応した音楽再生機能や、DivX対応の動画再生機能、FMラジオ、内蔵マイクによる録音機能、静止画/テキストビュワー機能などを備え、多機能志向のメディアプレーヤーとなっている。

 また、wizpyを接続してPCを起動することで、内蔵されたLinuxや各種アプリケーションを利用できる。キャッシュやWebブラウザのクッキー、メールデータなどはwizpyに保存されるため、ユーザーはプライバシーやセキュリティの問題を回避できるという。

 具体的には、プリインストールされたLinuxをUSBブートで起動することで、ユーザーはメモリに保存してある各種アプリケーションやデータを利用できる。USBブート機能は、wizpyをCD-ROMドライブとしてエミュレートするため、通常のUSBストレージによるブートと比較して幅広い PCに対応するという。

 搭載されるLinuxには、Turbolinux Fujiをベースにしたものを採用。また、ソフトはFirefoxやThunderbird、skypeなどを搭載し、日本語環境にはATOKを搭載する予定。統合オフィスソフトについては搭載ソフトを検討中。

 本体サイズは84×42×12mm(幅×奥行き×高さ)、重量は60g。バッテリはリチウムイオン充電池を採用し、駆動時間は約10時間。本体色はソリッドホワイトが用意される。プリインストールされるLinuxとアプリが占める容量は1~1.5GBになる予定。wizpy内のデータは暗号化などを施しておらず、PCに接続するとマスストレージとして認識され、通常通り読み書き可能。

 なお、いずれの仕様も試作段階のもので、製品化の際に変更になる可能性がある。」
(上記記事から一部抜粋)


いやなんかね、コレ一つあればコミケの待ち時間暇つぶしから、攻略サークルのマップ付きデータベースまで兼ねられるんじゃないかと思ったんで。
データ入力面倒かもしれませんがね。(^_^;

by AshikaRecord | 2006-11-22 22:55 | メカ・道具

<< 今夜の関東深夜枠 今夜の関東深夜枠 >>