トランスメディア提供アイコン01 自作PCに正義の心をパイルダーオン?

対象:30歳以上でクリッピング。

AKIBA PC Hotline!:マジンガーZ風ケースが発売、実は中身もスゴイんです?
「 往年の巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」を彷彿させる奇抜なデザインのアルミ製ATXミドルタワーケース「CFI-A2306」がセンチュリーから登場した。実売価格は12,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。電源は非搭載。目や胸の部分がLEDで光る演出があるなど遊び心あふれる製品だが、中身はアルミ製の冷却性能を重視したまじめな(?)設計になっている。

 はぐらかすように「いかにもなデザイン」「何処かでみたような、ないようなPCケース」などとうたう同社だが、知る人がこのフロントパネルを見れば「マジンガーZ」を思い起こすのはまず違いない。目と胸の部分に光るLEDを内蔵するあたりも“いかにも”だ。

 ベースとなっているのは同社のアルミ製ATXミドルタワーケース「CSI-3306」。フロントパネルは「鼻」から上側がドライブベイを覆うドアカバーになっている。また、前面、側面パッシブダクト、背面に1基ずつ1,400rpmの12cmファンを備えるなど、冷却面を考慮した設計も特徴だ。

 筐体サイズは高さ436×幅219×奥行き520mm。ドライブベイは5インチ×4、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×6を備えている。

 同社は数量限定品としており、T-ZONE. PC DIY SHOPPによればその数は100台という。購入するなら早目がよさそうだ。」
a0007635_21274628.jpg
(上記記事)


合金Zでケース作ったらどうなるんだろう?
昔、自作PC漫画「PCコマンド ボブ&キース」で「タングステン合金削りだしのPCケース」なんてものが出てきたけどその性能がたしか「20mmタングステンコア徹甲弾でも貫通しない!」というものだったような。そんなケース実在しないとはいえホントかなぁ?(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2005-07-21 21:33 | PC・ネット

<< 『さる』の看板何するものぞ 日本の吹き替え版では「チャーリ... >>