トランスメディア提供アイコン01 これが20世紀の「うっかり」なのか

ある意味「前世紀最大の謎」だったよなぁって感じでクリッピング。

GIGAZINE:世界的トップシークレット「コカ・コーラのレシピ」が意外なところから暴かれた可能性が浮上
「1886年にコカ・コーラが初めて作られて以来ずっと、詳細なレシピは世界的トップ・シークレットで、世界にただ1つのオリジナルレシピは、アメリカの銀行の金庫室の奥深くで厳重に保管されているものと推測されます。また、コカ・コーラ社の中でもそのレシピを知り尽くしているのはたった2人だけだと言われています。

しかし、アメリカのラジオ番組「Thisamericanlife.org」が、コカ・コーラの成分と量を示すリストを発見し、およそ125年の長きにわたって守られてきた秘密を暴くことに成功したと公式サイト上で宣言しました。

1979年に出版された、コカ・コーラ社のホームタウンであるアトランタの地方新聞「Atlanta Journal-Constitution」の記事中の写真に、コカ・コーラのレシピの書かれたノートが写された物が発見され、この写真に写っていたレシピがコカ・コーラを生み出したJohn Pembertonの作った物と同一であると考えられるそうです。
(中略)
コカ・コーラの缶に書かれた原材料名の欄には、炭酸水、砂糖、リン酸および着色料(カラメル色素)のほかに使われている特殊な材料については「カフェインを含む自然由来のフレーバー」と書かれているだけです。「Thisamericanlife.org」はこのレシピが本物かどうか、飲料の歴史に詳しい Mark Pendergrast氏に問い合わせ、そしてこのレシピは本物に違いないというお墨付きを得たということです。」
(上記記事より一部抜粋)

[PR]

by AshikaRecord | 2011-02-15 23:54 | 食べ物・飲み物

<< ある意味「モグリ」の仕事 これが21世紀の戦争なのか >>