トランスメディア提供アイコン01 これが21世紀の戦争なのか

なんか「ガサラキ」を連想しながらクリッピング。

WIRED VISION:アフガニスタンの米軍:50人に1人はロボット
「たとえば、ある部隊では、(有人の)爆発物探査車両『Husky』を行かせる前に、四輪車ほどの大きさの『M-160』(地中の地雷を爆発させるための「腕」を装備した無限軌道車)を送り出して、事前に偵察を行なう。言うなれば、進路の障害物を取り除く者のために、進路の障害物を取り除いたわけだ。Thompson中佐は、M-160が路上にあった強力な爆弾で破壊される動画を示した。「M-160が破壊されなかったとしたら、Huskyとその操縦者である人間が破壊されていたことになる」と、National Defenseの記事は説明している。

検問所に近づいてくる車両の検査にもロボットが使用されている、とThompson中佐は説明している。他の用途もあるが、どんな用途かについては、多くは機密情報だという。[米国は2007年から、機関銃を搭載した地上ロボットも戦場に投入している(日本語版記事)。イスラエルは、ガザ地区境界に「自動殺傷ゾーン」を構築している(日本語版記事)。なお、戦場でLANを構築するロボット(日本語版記事)や荷物運搬用ロボット(日本語版記事)等も開発されている]

ただし、こうしたロボットの多くは自律的に動くわけではない。当面のあいだ、地上ロボットの任務は、人間によって操縦されるものに限定されるだろう。一方、空中ロボットのなかには、人間の誘導をほとんど受けずに多くの任務をこなせるものもある(空中は障害物が少ないが、地上は障害物が多く、それを検知し判断することが難しいからだ)。」
(上記記事より一部抜粋)


追記:
以前クリッピングしたイラクでのロボット兵器のニュース。
「ロボット三等兵」か「ショートサーキット」か
[PR]

by AshikaRecord | 2011-02-15 23:44 | 軍事・サバゲー

<< これが20世紀の「うっかり」なのか とりあえず書いときます >>