トランスメディア提供アイコン01 これって世紀の大発見じゃあなかろうか

おもえば昭和の頃読んだ子供向け雑誌の「こうなる!21世紀」な予測ネタに「ハゲがなくなる」ってのはなかったような気がするなぁ。(^_^;

GIGAZINE:薄毛のメカニズム解明へ、幹細胞が鍵
「「薄毛になるのは、幹細胞が枯渇するからなのでしょうか?薄くなった部分でもそれ以外の部分でも幹細胞の数が変わらないことには驚かされました」とペンシルベニア大学医学大学院のGeorge Cotsarelis博士は語ります。

Cotsarelis博士らは、植毛手術を受ける男性たちの頭皮をサンプルに、同じ男性の頭皮の薄くなった部分も毛が残っている部分も毛包の数と幹細胞の数は変わらないことを発見しました。一方で、幹細胞が分化した前駆細胞の数が、薄くなった部分の頭皮では明らかに少なかったそうです。
(中略)
毛包の幹細胞はまず前駆細胞に分化し、その前駆細胞がさらに分化して毛髪となっていくのですが、今回の発見は、薄毛の原因は幹細胞が減ることではなく「幹細胞が前駆細胞に分化しなくなる」ことにあると示唆します。なぜ分化しなくなるのかはまだ明らかになっていませんが、薄くなった頭皮にも不活化した幹細胞は残っていると判明したことで、これらの幹細胞を再び活性化させ髪を生やす方法の開発への期待が高まります。」
(上記記事より一部抜粋)

[PR]

by AshikaRecord | 2011-01-08 22:53 | 学問・技術

<< 今夜の関東深夜枠【簡易版】 今夜の関東深夜枠【簡易版】 >>