トランスメディア提供アイコン01 タグ:Wizardry ( 6 ) タグの人気記事

トランスメディア提供アイコン01 るねさ~~~んっす!

うれしいニュースが飛び込んできたやないか~い!(チン!☆)

GIGAZINE:世界的名作RPGの最新作「Wizardry 囚われし魂の迷宮」がPS3ソフトとして発売決定
「アクワイアから送られてきたリリースによると、世界的人気を誇る名作RPG「Wizardry」シリーズの最新作として、PS3のダウンロード専用ソフト「Wizardry 囚われし魂の迷宮」が発売されることが正式決定したそうです。発売は2009年秋を予定しており、ジャンルは3DダンジョンRPG。

「Wizardry 囚われし魂の迷宮」は「Wizardry」シリーズの最新作で、新プロジェクト「ウィザードリィ ルネサンス」のラインナップタイトルの1つとされており、メインイラストにはファミコン版、スーパーファミコン版ウィザードリィから同作品に携わる末弥純氏、キャラクターデザインにオンラインゲームの作画などを担当している隼優紀氏、テーマ曲には「聖剣伝説」や「ロマンシングサ・ガ」シリーズを手がけた伊藤賢治氏が起用され、イメージソングは新人アーティストの凪矢彩夏(なぎやさやか)のデビュー曲「きみのために」になるとのこと。

これが公式サイトです。
Wizardry 囚われし魂の迷宮 Official Website
(中略)
なお、新プロジェクト「ウィザードリィルネサンス」は、Wizardryが30周年となる2011年までに全世界のプレイヤーに再び「Wizardry」というブランドを広く認知するべく立ち上げられたプロジェクトで、今後のラインナップとして「Wizardry 囚われし魂の迷宮」をはじめ、ニンテンドーDSソフトの発売や漫画の連載、Tシャツや関連アイテムの販売といった多方面での展開が予定されており、全タイトルを共通してキーパーソンとなるキャラクターが登場するなど、統一された世界観で一貫したテーマとコンセプトを持っています。

「ウィザードリィ ルネサンス」の公式サイトは以下から。
Wizardry Renaissance
(上記記事)


日本人スタッフが豪華なのはうれしいけど一つ気になるのは世界設定かな?まぁ日本製Wizardryは外伝IIIしかやったことないんですが、移植版じゃない、日本製のWizardryってどこかウェットな感じがするんですよね。原典のドライな突き放す感じが欲しいんですが。それとも僕がプレイしてないだけで日本製のWizardryにもそういうのあるんでしょうか。
あと「モンティ・パイソン」なノリも忘れてはいけないと思いますね。

そして…正統にして異色な「Bane of the Cosmic Froge」から連なるコズミック・サーガ三部作のコンシューマー機移植はあるのか!?(^_^;
いや、一部がスーファミとサターンとPSでありましたがもうソフトやフハードを見つけるのが難しいですから。(^_^;

とりあえず、Wizardryよ、永遠なれ!
そしてPS3ほしいよう~(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2009-08-08 23:40 | ゲーム

トランスメディア提供アイコン01 『終わりなき悪夢と苦痛、その戒めより解き放たれ 今や復讐の時到り!』

なんと「Wizardry IV ワードナの逆襲」のようなゲームがPSPで出たそうな。

勇者のくせになまいきだ。™(公式サイト)
情報ソース:アキバBlog

「このゲームの目的は破壊神となって勇者を倒すこと。ダンジョンで魔物を育て、なまいきな勇者に今までの恨みを返すのだ!」
(公式サイトより抜粋)


ダンジョンを戦略的に掘ることによって、勇者たちを撃退してくれる魔物の生態系を形成するのだそうです。強い魔物を生み出すには魔物間の食物連鎖をうまく利用する必要があるようです。
なかなか面白そうなパズルゲームなんで欲しいですね。

勇者のくせになまいきだ。【AA】
[PR]

by AshikaRecord | 2007-12-07 22:45 | ゲーム

トランスメディア提供アイコン01 魔筆の呪い再び

あの興奮が再び体験できるとは!

今日モニタの価格調査に秋葉原へいったところ偶然こんなムックを発見!
アスキー書籍編集部 編:蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾

なんと付録CD-ROMに
Wizardry
Bane
of the
Cosmic Forge

が入っているのです!
無論98版。

昔はCPUとグラフィック、サウンドの処理能力が高くなかったからアニメーションとかしょぼかったけど、今ならかなりリアルに動く…ハズ。(^_^;

しかもムック本編には「忍者増田の『WIZでござるよ』」のコーナーまで!
これはPCホビー雑誌「LOGIN」誌上においてWizardry最強ジョブの忍者をペンネーム(?)にした編集者の増田氏が連載していた(いちおう今も連載中みたいだけどネタはWizardryにほとんど関係ないみたい(^_^;)Wizardryメインのコラムページで、ムックでは昔のように忍者の格好をした増田氏がWizardryI(狂王の試練場)からCDS(Crusaders of the Dark Savant)までの20世紀のWizardryの流れを紹介をするというR30なPCゲーマーにはたまらないものでした。

買いたかったけどこれからいろいろお金が必要になりそうなのでガマン…
ホシガリマセン、カツマデハ!(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2007-07-16 20:57 | 本・雑誌

トランスメディア提供アイコン01 彼の知られざる偉業

と、言ったらチト大げさでしょうか。

Excite エキサイト : 芸能ニュース:「題名のない音楽会」司会の羽田健太郎さん死去
「 テレビの「題名のない音楽会21」の司会で知られる作編曲家でピアニストの羽田健太郎(はねだ・けんたろう)さんが2日午後11時53分、肝細胞がんのため、東京都新宿区の病院で死去した。58歳。東京都出身。葬儀・告別式は7日午前10時から東京都港区元麻布1の6の21、麻布山善福寺。喪主は妻、幸子(さちこ)さん。

 桐朋学園大学在学中から頭角を現し、卒業と同時にスタジオミュージシャンとして歌謡曲やポップスのレコーディングに参加した。テレビドラマや映画のテーマ曲も手掛け、代表作にドラマ「渡る世間は鬼ばかり」やアニメ「超時空要塞マクロス」、映画「復活の日」などがある。

 「ニュースステーション」などテレビ番組の出演も多く、2000年4月から「題名のない音楽会21」の司会を務めていた。体調を崩し、5月中旬から入院していたという。」
(上記記事)


これに付け加えるならば、氏は日本移植版であるファミコンとスーパーファミコンのWizardryのBGMを手がけられたのです。
(僕の記憶違いでなければファミコン版I~IIIとスーファミ版のV、VI(BCF)のBGMを担当されました。)
日本でのWizardryの普及に貢献された方の一人であることは間違いないでしょう。

なにはともあれ、合掌。(-人-)
[PR]

by AshikaRecord | 2007-06-04 22:59 | 音楽

トランスメディア提供アイコン01 ささやき - えいしょう - いのり - ねんじろ!

これがいい方向へ進むといいんですが。

ITmedia News:アエリアが「ウィザードリィ」の著作権・商標を取得
「 アエリアは11月27日、同社子会社がRPG「ウィザードリィ」の著作権・商標権をSirTech Canadaなどから取得したと発表した。

 取得するのは、「Wizardry6」「Wizardry7」「Wizardry8」「WizardryGold」の著作権など一切の権利と、「ウィザードリィ」(Wizardry)の全世界における商標権。このほど同社子会社の版権管理会社「アエリアIPM」がSirTechらと譲渡契約を締結。「ウィザードリィ」の名を冠したあらゆる商品の国内外における製作権を包括的に譲受した。

 ウィザードリィは3Dダンジョン探索型RPGの定番シリーズ。アエリアは今後、ウィザードリィのオンラインゲームを投資対象にしたファンドの組成を検討する。

 アエリアはヘラクレス上場。傘下に「スカッとゴルフ パンヤ」などで知られるゲームポットを持つ。」
(上記記事)


XP版、新世代ゲーム機のWizardryシリーズが出てくれるんですかね?
あとオンライン化が上手く行けばネット上に「ギルガメッシュの酒場」が出来るんでしょうか。
だとしたらすごく楽しみ。
[PR]

by AshikaRecord | 2006-11-27 23:08 | ゲーム

トランスメディア提供アイコン01 ささやき - いのり - えいしょう - ねんじろ!

投稿タイトルの言葉の順番、あってる?
ググっても複数出てきてどれが正解かわからないんですが。(^_^;

GAME Watch:新紀元社、「末弥純画集 ウィザードリィ」を発売。記念原画展も開催中
「 株式会社新紀元社は、画集「末弥純画集 ウィザードリィ」を5月17日に発売する。価格は4,200円。

 「末弥純画集ウィザードリィ」は、イラストレーターの末弥純氏が長年描いてきた、RPG「ウィザードリィ」関連のイラスト作品をまとめたもの。ゲーム本編のみに留まらず、小説やTRPGなどからも収録。表紙は描き下ろしで、さらに初公開となるイラストも用意されている。A4変形版で、全132ページ。

 また5月13日から28日まで、渋谷にあるギャラリー「GoFa」にて、出版記念原画展が行なわれている。この原画展では、画集に収録される原画を中心に、約50点が展示。一部の作品の販売も行なわれる。入場料は500円(ドリンクチケット付き)で、時間は各日11時から18時まで(17日と24日は休館)。」
(上記記事)


いや、これはすごい本です。日本のWizardryはこの方を抜きにしては語れないでしょう。
とくに冒険者たちの絵は武器や装備がすごくリアル。本当に中世ヨーロッパをイメージさせるようなシブさ・無骨さ。そして恐ろしいモンスターの数々。グレーターデーモンなぞは日本ファンタジーRPGが誇れるデザインの一つと言っていいでしょう。

しかし…値段の方もすごいなぁ…
ファンでも躊躇してしまいます。
原画展で我慢しとくかな?(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2006-05-16 23:34 | ゲーム