「ほっ」と。キャンペーン

トランスメディア提供アイコン01 <   2004年 05月 ( 96 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 ここ9年で、秋葉の食糧事情はかなり良くなった…と思う

価格.com:アキバ早ミミ情報:ツクモにて秋葉原ラーメンマップ配布中!

情報ソース:夜を往け Akihabara P

ちょっと記事が4月のものなのと、確認してないんでまだ配布してあるかわかんないんですが…まだあるといいなぁ。(^_^;

しかし上京したての頃は秋葉原でラーメンというと「じゃんがらラーメン」ぐらいしか知らなくて、ファーストフード店もほとんど無かったんですが、いまやマクドを始め、ドネル・ケバブの屋台や飲茶のお店という異国情緒溢れるものも出始め、最近はファミリーレストランもいくつかできてるのに気づきました。
次はナニが来るのだろう?
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-31 23:09 | 食べ物・飲み物

トランスメディア提供アイコン01 猿の占い なにするものぞ

ちなみに投稿タイトルは大昔のSFTVドラマ「猿の軍団」主題歌のパクリです。

恐怖の猿占い

占いモンキー

テングザルとかマントヒヒとかそういう分類では無いようですが、いっちょやってみました。
結果:
野人派ゴールドモンキー
王者的存在
少々のことでは動じず、いつも堂々とした態度の人物です。自由、平等、博愛をモットーに悠々自適に人生を歩んでいきます。何事も『成せばなる』と楽天的に構え、マイペースな姿勢を崩すことがありません。誰にでも誠心誠意、変わらない態度で接していきますが、ハッキリしたところもあり、誰に対してもへりくだることなく遠慮のない言動も見受けられる。目上の人に対しても、物怖じしない悠然とした態度で接するので、度胸のある人物と見込まれる反面、図々しく自信過剰と取られる事もありそうです。しかし、見かけほど気難しいタイプではなく、困っている人を見捨てておけず、手を差し伸べる慈愛心もあります。誠意のある義理堅いつきあいをするので、誠意のない相手の態度や物の言い方に対してはこだわります。
 誠実ではありますが、周囲の人を軽くあしらうような面も持っているようです。理屈をこね過ぎるところはあるものの、常に常識的で偏りのない考え方を心がけているため、誰にでも通用する正論しか口にしません。正義と誠実を信条に筋の通った堂々とした説得力で押し切っていきます。ただ、自分の考えている事は周囲も共感してくれているはずだと、純粋に思い込んでいるフシがあり、自分のモノサシで人を計りがちです。全体を見渡すバランス感覚に優れており、足りないものを補ったりしてバランスの悪いところを整えていく。また、一度にあらゆる手段を講じ、全体をうまくコントロールして最後に統合していく手際は鮮やか。
 お尻が重く、取り掛かりまで時間がかかるものの、やり始めるといつのまにか何でも器用にこなしてしまうマルチプレイヤーで、応用力や適応力に優れています。その場限りのいい加減な対応はできない責任感の強さがあり、やり始めるととことんやりぬく集中力を発揮しますが、のめり込むものが見つからないと、器用貧乏に陥ってしまいがちです。冷静で客観的な判断のできるタイプではありますが、なぜか自分のことには甘くなりがちです。しかし、陰ながらの努力を怠ることのない真面目な人物です。


とりあえず「器用貧乏」「自分のことには甘くなりがち」ってとこは当たってるかな?(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-31 22:14 | 雑記

トランスメディア提供アイコン01 ロシアより愛をこめて?

時事通信:「無神経さが墓穴掘る」=ゾルゲ事件で新証言-ロシア(リンクはYahoo!ニュース)

「「スパイには無用の無神経さや気まぐれが、ゾルゲの致命傷だった」―。旧ソ連の大物スパイ、リヒャルト・ゾルゲが開戦前の日本で情報戦を展開し、摘発されたゾルゲ事件で、ソ連軍参謀本部情報総局(GRU)の元ゾルゲ担当官が初めて証言し、東京でのゾルゲの奔放な行動を、モスクワが当時、苦々しく見ていたことを明らかにした。」
(上記記事より一部抜粋)


じゃあなんでスパイになれたんだろ?(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-31 21:44 | 事件・事故・ニュース

トランスメディア提供アイコン01 とりあえずクリッピング

Sankei Web:オタクな空間 日本の独自文化、世界へ発信 伊の国際的建築展テーマに

「日本の最先端文化はアキハバラ? 今秋、イタリアで開かれる国際的な建築展「第九回ベネチア・ビエンナーレ建築展」日本館のテーマが、「おたく:人格=空間=都市」に決まった。会場では、東京・秋葉原の街並みや、同人誌即売会の会場など“オタクな空間”を紹介。欧米建築の影響を受けない日本独自の文化として、世界へ発信される。な
(中略)
また森川氏は、アニメの美少女キャラクターなどにひかれることを意味するオタク用語“萌え”に着目。今オタクが最も“萌える”フィギュアを作る人気原型師、大嶋優木氏を起用、作品の目玉として、巨大な幼女フィギュアを展示するという。
(中略)
「『侘(わ)び』『寂(さ)び』と並ぶ、特徴的な日本の美意識が“萌え”」と森川氏は断言する。果たして、オタクが生み出した新しい美意識“萌え”は、世界に正しく伝わるのか?」
(上記記事より一部抜粋)


とりあえず「巨大な幼女フィギュア」はやめたほうがいいと思うのですが。(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-30 22:40 | 雑記

トランスメディア提供アイコン01 ちなみに私は禅宗ではありません(^_^;

ちょいとクリッピング。

ネガティブ法則は、快感?

「メルマガによると、精神科に訪れる患者さんの中で
「秘密組織に追われている!」とか「やくざに命を狙われている!」
と重度の被害妄想を抱えた患者さんがいらっしゃるそうです。

こういう人たちは、何故か分からないけど感じてしまう
漠然とした「強い不安」を持っているそうです。

そのため、具体的に不安の対象を自分で作り上げることで
何も分からない不安よりも、「楽」になれるのだそうです。
不安材料をはっきりさせたほうが、楽なのですね、何となく分かります(笑)」
(上記記事より一部抜粋)


これで思い出したのが、(何で読んだのか忘れましたが)禅宗の開祖・達磨大師のエピソード…つうか「無門関」の第四十一則だそうですが。

「達磨大師が坐禅をしている時、慧可が、雪の中に立って、自分の腕を切り落として、言った。
 慧可は、「心が不安です。どうか、達磨大師、わたくしの不安な心を取り除いて下さい。」と言います。
 そこで、達磨大師は、「その不安な心を、ここに持って来なさい。あなたのために、不安な心を取り除きましょう。」と言います。
 慧可は、「その不安な心を、さがしたのですが、どこにも見つかりません。」と言います。
 そこで、達磨大師が、「これで、あなたの不安な心は、取り除けました。安心できたでしょう。」と言いました。」
(上記記事より一部抜粋)


「秘密組織」云々等は何とか楽になりたくて「不安な心」を無理矢理持ってきたんでしょうね。(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-30 22:14 | 雑記

トランスメディア提供アイコン01 他人の空似

NIKKEI DESIGN:回答者の4分の1が“兄弟”と誤解したオロナミンCとミンナミンC

「ドラッグストアの店員にたずねたところ「オロナミンCを真似て作ったようなものです」とミもフタもない返事。オロナミンCと見誤って買う客はいないか聞いたところ、「間違えて買っても成分はほとんど同じなのであまり問題はないだろう」――。確かに主成分や味に大きな差はない。1本売りの価格も同じだ。しかし本当に問題はないのか?」
(上記記事より一部抜粋)



え~人気商品あれば類似品ありというのはいつどこでもあるようですな。たとえばコレとか。(^_^;

またまた激しく脱線しますがこんなとこがあります。
「24時間戦ってますか?」

[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-30 20:36 | 脱力ネタ

トランスメディア提供アイコン01 ピザトーストはどうなるのだろう?(^_^;

SANSPO.COM:【社会】本物のナポリ・ピザは直径は…

「製法は官報に掲載され8項目。「本物」はマルガリータなど3タイプに限定し、材料の小麦粉や酵母、トマト、オイルの種類も明記。焼き上げる際は必ず木を使い、温度は485度としている。
 この通りピザを作れば「伝統的なピザ」のお墨付きを得られる。しかしこれを伝えたイタリア紙の中には「ピザは今や国境がない食べ物」と効果を疑問視する声も。」
(上記記事より一部抜粋)


料理って元祖のレシピを守るのも大事なんでしょうけど、たとえばヨーロッパのフリッターが日本へ伝播して天ぷらになったり、中国の麺がイタリアでパスタになったりと、様々な地域へ伝播していくうちに変化して、バリエーションが豊富になっていくのもまた料理という「文化」の宿命のような気もします。

また話は激しく脱線しますが、ピザというとわたしはこの映画を思い出します。
「Go!」

宅配ピザでバイトをしていた高校生が、初恋の年上女性へ自分が焼いたピザを届けるため、東京から長崎まで宅配ピザ屋のスクーターで駆け抜けるという青春ロードムービーです。決して窪塚洋介が出演した映画ではありません。(あっちは「!」がついてないです。)
もっとも同じ時期に公開された上、脇役に山崎努がいるので紛らわしいんですが。(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-30 20:03 | 食べ物・飲み物

トランスメディア提供アイコン01 日本公開時期決定?

まだはっきりした期日はわかんないですけど、とりあえず。

CNN.co.jp:「華氏911」米配給へ ワインスタイン兄弟が権利買い取り

「映画は、痛烈なブッシュ一族批判とイラク戦争批判が題材。ディズニーは配給を拒否したが、この配給拒否をムーア監督が各メディアに語り大きなニュースになったことや、カンヌ映画祭で最高賞を受けたことなどから、米国内での関心も高く、すでに複数の配給会社が権利を競っているという。このため、夏中には公開されるとの見通しが強い。

ムーア監督は、11月の大統領選より前に公開して欲しいと繰り返していた。

日本でも、来年初めの公開予定が今年夏に繰り上がったほか、米国以外での公開はすでに決定していた。 」
(上記記事より一部抜粋)


つうか最初は来年公開予定だったのですか!?(^_^;

ところで話は激しく脱線しますが、この機会に(?)タイトルの元ネタであろう古典SF小説「華氏451度」(レイ・ブラッドベリ著・原題「FAHRENHEIT 451」)の知名度や人気も上がって欲しいと一ブラッドベリファンとしては願っています。(^_^;
ここ数年日本で出回っている、とってもとってもおもしろく、激しく激しく泣けて、深く深く感動できる小説やマンガや映画にはかなわないでしょうけど、むしろそういうモノばかりに触れている人々にこそ読んで欲しいなと思ったりします。
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-30 19:19 | 映画

トランスメディア提供アイコン01 『吐けば楽になるぞ』

投稿タイトルは刑事ドラマで定番のセリフ…かな?(^_^;

海外ボツ!News:「ごめんなさい」が言えなくて……

「ある電話番号に電話をすると、留守電につながり、「どんなことでも、謝りたいことを謝ってください。ごめなんさいって言うんです。心が軽くなるかもしれません」というメッセージが流れる。

こんなもの誰が利用するのかと思うが、週に30~50人の利用者がいるというから驚き。さらに、なにやら人間の深いところをついたディープなこのサービスを思いついたのがまだ20歳の若造だと言うからまたビックリだ。ニューヨーク州ポキプシーのヴァッサー大学で美術史を選考する2年生、ジェシー・ジェイコブ君がニューヨークで始めたもの。
(中略)
このサービスをどう考えるかは意外とむずかしいね。

人間の心は脆い。人によって程度の差はあれ、憎しみ・悲しみ・罪悪感など、ネガティブな圧力が一定期間かかると人間の精神は壊れてしまう。留守電に、許しを乞い、それで一時的にでも心が軽くなって「今日」が凌げるなら、それでいいじゃないか、とも思う。

ただ、安っぽい慰安や自己憐憫はクセになりやすいし、本当に悪いことをしたと後悔しているなら、沈黙の中で反芻し、骨身に刻むことも大切だ。さもないと同じパターンの間違いを何度でも繰り返してしまう。」
(上記記事より一部抜粋)


このサービスの良し悪しの判断はおいとくとして…

今もいるのかどうかは存じませんが、去年ぐらいに渋谷駅ハチ公口前の広場で「あなたの話聞きます」のようなことをやっている人がいました。
料金は無料で、最初に見たときは「こんなのやる人がいるんだろうか?」と思ったもんですが、その後テレビでも取り上げられていて、若者の話し相手になっているようでした。

相手がいるいないにかかわらず、胸のうちに抱え込まずに、「声に出して洗いざらい話す」という行動は精神的な負担を和らげる効果があるんでしょうかね?
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-29 23:54 | 雑記

トランスメディア提供アイコン01 以前「HEY! HEY! HEY!」に出てなかったっけ?

nikkansports:佐野元春TV解禁!デビュー25周年機に

「歌手佐野元春(48)が、デビュー25周年を機に、テレビ出演を本格解禁することが28日、明らかになった。第1弾となるフジテレビ「僕らの音楽」(29日午後11時30分)で「サムデイ」「ロックンロールナイト」などのヒット曲や新曲「月夜を行け」を披露し、ジャーナリスト鳥越俊太郎氏との対談で自らの音楽観について語る。佐野はテレビに出演しない、大物歌手の1人だった。」
(上記記事より一部抜粋)


そうだったんですか。ディープなファンじゃなかったんで知りませんでした。
とりあえずフジのチェックを忘れないようにしないと。

フト佐野元春のCDを持っていたはずと部屋を探してみると「The Circle」というアルバムを発見。渋めのいい曲が入ってます。
今聴いても全く古さを感じない…と思うのは年寄りの「昔は良かった」感が結構入ってるかも?(^_^;

蛇足ですが、こういう「青春の苛立ち系」(とでもいうんでしょうか?(^_^;)のロックミュージシャンに「盗んだバイクで走り出したり学校の窓ガラス割ったり」な「あの人」がいますが、私は「あの人」が
大嫌い

で、昔はその対抗みたいな形で佐野元春を聴いてたような気がします。(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-29 22:53 | 音楽