「ほっ」と。キャンペーン

トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:メカ・道具( 109 )

トランスメディア提供アイコン01 リアルロボキタ――(゚∀゚)――!!

「1/1スコープドッグ」を作った倉田光吾郎氏がまたやってくれました!

GIGAZINE:「乗れるロボット」が現実に、全長4mの鉄製ロボットが制作進行中

実際に動くの見てみたいなぁ。
[PR]

by AshikaRecord | 2011-09-07 22:16 | メカ・道具

トランスメディア提供アイコン01 すごいぞ、ガンプラの魅力は数倍に跳ね上がる!?

『コンピューター管理で操縦ができる。教育型タイプコンピューター。すごい、親父が熱中する訳だ。』
と知人経由でクリッピング。



通常の3倍器用に動いております!?
[PR]

by AshikaRecord | 2010-11-15 23:09 | メカ・道具

トランスメディア提供アイコン01 飛び立つのは、到達するのは、帰ってくるのは何年後?

なるべく早いといいなぁ。

INTERNET Watch:【やじうまWatch】
【2010/7/15】JAXAが「はやぶさ2プロジェクト」のプレスリリースを公開

「 きのう14日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)のサイトに興味深いプレスリリースが掲載された。その内容とは「はやぶさ2プロジェクトについて」。宇宙開発委員会において報告されたはやぶさ2プロジェクトの詳細をまとめたPDFで、長期的なロードマップとともに、はやぶさ2のミッション概要、ミッションによって期待される成果などが記されており、はやぶさ2実現に向けて動き出したことが示唆されている。もちろんこの資料にある方向で話が進むかどうかは別問題で、松浦晋也氏もブログで懸念を表明しているが、予算削減によってほぼ話が消えたと思われていたはやぶさ2プロジェクトが、微速ながらも前進を始めたことは注目に値する。期待したい。」
(上記記事)

[PR]

by AshikaRecord | 2010-07-15 23:12 | メカ・道具

トランスメディア提供アイコン01 これが21世紀の弁当?

夢の機械か、弁当屋泣かせか、はたまた一発屋で終わるのか。

MSN産経ニュース:【コレもアリ~ナ】オフィスに炊飯男子現る
「 不況のなか、オフィスの弁当男子もすっかり定着しましたが、さらに“進化”した炊飯男子なる者が出現してるんだとか。え、職場で炊き出し? いいえ、電気があればどこでもご飯が炊け、おかずも温められるという炊飯機能付き弁当箱「HOTデシュラン」なるものが商品化され、東急ハンズ池袋店で売られておりました~。

 「おかずケースに昨夜のおかずや冷凍食品を入れて会社へ。昼休み30分前に無洗米(最大1・4合)と水をセットしスイッチオン。おかずケースが炊飯の蒸気で加熱され、炊きたてご飯と一緒にいただけます」と店員さん。これは便利っスね~! 

 製造販売元の琳聡堂=(電)03・5375・8455=の浅田浩司社長によると、「当初は一人暮らしの学生や高齢者向けの小型炊飯器として開発。炊飯時に出る約80度の蒸気でおかずも温められるのではと思い、ケースを付けたところ、新種の弁当箱としてウケました。今年5月末に販売開始すると初回2000個が完売。予約も殺到しています」。

 約1キロある本体とコメは会社に置いといて、おかずケースだけ持って通勤すればいいんスから楽チン。え、電気泥棒にならないかって? 消費電力は電子レンジの弁当温めより低いので、認めてくれる職場も多いんだとか。ま、その姿に若干の勇気は必要ですが~。」
(上記記事)



そしてこれ読んで、食事時になると己の内臓内蔵電力を使って炊飯器でご飯を炊いていたアンドロイド、R・田中一郎(@「究極超人あ~る」著:ゆうきまさみ)を思い出した自分はそろそろアラフォー。
[PR]

by AshikaRecord | 2010-06-19 22:41 | メカ・道具

トランスメディア提供アイコン01 『飛ばねぇ豚はただの豚だ。』

私もそろそろ羽ばたきたいなぁ…と思いながらクリッピング。

アキバBlog:日本の大型飛行艇の解説&見学同人誌
「原子炉見学同人誌も出されたサークルあぷろのこべやが、 航空宇宙系同人誌即売会東京とびもの学会で頒布された大型飛行艇同人誌『日本の大型飛行艇』が、COMIC ZIN秋葉原店に再入荷してた。

飛行艇とは、Wikipediaによると『胴体下部が船のようになって水面に離着水出来る飛行機』で、日本が第2次世界大戦中に作った二式飛行艇は、『レシプロエンジン装備の飛行艇としては当時世界最高の性能を誇り、現在なお凌駕する機体は出ていないともされる』という歴史があるみたいで、同人誌「日本の大型飛行艇」は、『飛行艇とはどんな飛行機か?』・『日本における飛行艇開発』・『US- 1/US-1A 離島で活躍する救難飛行艇』・『二式飛行艇 世界一高性能なレシプロ飛行艇』・『飛行艇を見ることが出来る場所』などを、写真入りで解説&見学してる同人誌。」
(上記記事より一部抜粋)

[PR]

by AshikaRecord | 2010-05-12 22:21 | メカ・道具

トランスメディア提供アイコン01 なんかきついのでクリッピングだけ

どうもまた最近体調おかしい。

GIGAZINE:水上も陸地も思いのまま、4輪バギーとジェットスキーが華麗なる合体を果たした「Quadski」
[PR]

by AshikaRecord | 2010-04-28 22:34 | メカ・道具

トランスメディア提供アイコン01 なんかきついのでクリッピングだけ その2

Business Media 誠:ホンダの125ccスクーター「PCX」が爆発的に売れている
[PR]

by AshikaRecord | 2010-04-27 22:14 | メカ・道具

トランスメディア提供アイコン01 「青い雷」ならぬ「青い刃」

あのヘリコプター実現の日は近いと思うと面白そうな怖いような?(^_^;

GIGAZINE:ヘリコプターの難敵「騒音」にチャレンジする新型ローターブレード
「ヘリコプターの機動性は、軍用・民間用問わず様々な分野で利用されていますが、巨大なブレードで空気を切り裂いて揚力を発生させるという機構上、どうがんばっても騒音が大きくなってしまうのが弱点です。

そこで、騒音を押さえるローターブレードを、ヨーロッパのヘリコプターメーカーが開発したそうです。実際に計測した動画の音声を聞く限りでは、騒音がはっきり分かるほど小さくなっており、かなり期待できそうです。
(中略)
この「ブルーエッジ」ローターブレードを開発したのは、ヨーロッパ最大手のヘリコプターメーカーのユーロコプター社。ブレード端の特殊な形状により、ブレードの回転による空気の渦の発生を低減、渦同士の干渉による騒音の発生を抑えます。

また「ブルーパルス」テクノロジーにより、ブレード後部のフラップを自動で1秒間に15~40回動かすことで、降下時によく聞かれる周期的なスラップ音を低減、ブルーエッジブレードと合わせることで騒音を3~4デシベル抑制することに成功しました。

同社では、現在燃費のいいディーゼルエンジン搭載ヘリの開発を計画しており、ブルーエッジブレードもこのヘリに採用されるとのこと。騒音の面からも燃費の面からも環境に優しいヘリを目指すとしています。

条件を揃えて録音した場合どのように聞こえるかという動画も公開されています。
(中略)
ところで、英語で環境対策関係の技術の名前をつける場合よく「グリーン」が使われるのですが、どうしたわけか「ブルー」が使われています。

そして1983年に公開された名作ヘリコプターアクション映画「ブルーサンダー」にはローター音を消してしまう「ウィスパー・モード」を採用したヘリコプターが登場しますが、劇中に登場する機体のベースはユーロコプター社の前身であるエアロスパシアル社のもの。このネーミングは単なる偶然なのか、それともユーロコプター社内部にシャレの分かる開発者がいるのか、興味はつきないところです。」
(上記記事より一部抜粋)

[PR]

by AshikaRecord | 2010-03-04 22:35 | メカ・道具

トランスメディア提供アイコン01 トビマス!トビマス!

昨日クリッピングし忘れてました。

日テレNEWS24:時速70キロを超えると…飛びます!
「 ニュージーランドで、全く新しい乗り物が登場した。

 両側に翼が付いているホーバークラフトは、空を飛ぶことができる。時速70キロを超えると離陸する仕組みになっていて、機体はハンドルで操作する。動力には車のエンジンが使われている。

 このホーバークラフトはニュージーランドに住む発明家が11年かけて開発したという。

 機体はウェブサイトを通じて約120万円で販売される予定。」
(上記記事)


ところで上記リンク先で見た、ホーバークラフトを見てたら思い出したメカがあります。

空飛ぶ豚の飛行艇ではなくてこれです。
[PR]

by AshikaRecord | 2010-03-03 23:14 | メカ・道具

トランスメディア提供アイコン01 日本製…ではない

数日前のクリッピングし忘れたネタをクリッピング。

GIGAZINE:まるで家の番人のようにたたずむジャンク品でできたトランスフォーマー
「このジャンクで作られたトランスフォーマーは台湾・南投県の埔里郡にあるらしく、写真を撮った人はいろんな人に見てもらいたくてどこにあるのか教えたいそうですが、この家のオーナーが「正確な住所は載せないで」と言っているため教えられないそうです。」
(上記記事より抜粋)


[PR]

by AshikaRecord | 2010-02-02 23:53 | メカ・道具