トランスメディア提供アイコン01 すぺらんかあといふは死ぬ事と見附けたり

2010.02.07追記
トリビア:「スペランカー(spelunker)」とは趣味としてやる洞窟探検家、無謀な洞窟探検者のこと。
補足:
十分な知識や装備を持った上で洞窟探検を行う者は「ケイバー(caver)」と呼ばれる。
(以上、Wikipediaの記述より。)

アキバBlog:スペランカーアンソロジー 「この厚さで死ねる!」 「16人の作家が描く男の死に様!」
「発売25年周年を迎えるファミコンゲーム「スペランカー」の漫画、スペランカーアンソロジーコミック【AA】がアキバでは5日に発売になった。 田丸浩史氏・犬氏・秋★枝氏・石黒正数氏ら16名が参加され、オビには『ゲーム史上最弱のヒーロー(?)が、最強の執筆陣でアンソロコミック化!この厚さで死ねる!』・『16人の作家が描く男の死に様!』。
(中略)
発売25年周年を迎える“ゲーム史上最弱の主人公”が活躍するアクションゲーム (※)こと「スペランカー」を漫画、 スペランカーアンソロジーコミック【AA】がアキバでは5日に発売になった。

「スペランカー」は、『ちょっとした段差からの落下で死亡。1ドットのミスも許されないシビアな操作を要求。などといった独特のゲーム感で、多くのファミコンキッズに忘れられない思い出を刻み込み、今なお語り継がれております(コミックス情報)』という1985年発売のファミコンゲーム。

スペランカーアンソロジーコミック【AA】に参加されているのは、田丸浩史・花見沢Q太郎・石黒正数・押切蓮介・能田達規・雑君保プ・道満晴満・犬・秋★枝・小路啓之・コバヤシテツヤ・久松ゆのみ・高野うい・刻田門大・設楽清人・前田龍雪の16名の作家さんで、オビ謳い文句が『この厚さ(12.7mm)で死ねる!ゲーム史上最弱のヒーロー(?)が、最強の執筆陣でアンソロコミック化!』と『16人の作家が描く男の死に様!』。」
(上記記事より一部抜粋)


このゲームプレイしたこと無いですが、上記リンク先の動画でそのすさまじさは伝わってきます。(^_^;
有野課長はクリア済みなのでしょうか?

しかし作家陣すごい面子ですね。とりあえず田丸浩史・石黒正数・押切蓮介・道満晴満の作品は読んでみたいかな。





ところで上記リンク先にあった動画の元ページからたどり着いた動画。


見える!(スペランカー未プレイの)私にもプレイ画面が見えるぞ!(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2010-02-06 20:30 | マンガ

<< 今夜の関東深夜枠【簡易版】 今夜の関東深夜枠【簡易版】 >>