トランスメディア提供アイコン01 終わらない幼年期の終わり

とりあえず記憶と記録に残すためクリッピング。

ORICON STYLE:故・臼井儀人さん“最後の遺稿”が掲載され、漫画『クレヨンしんちゃん』遂に最終回
「 昨年9月、群馬・長野県境の荒船山の山中で亡くなっているのが発見された漫画家・臼井儀人さんの『クレヨンしんちゃん』“最後の遺稿”が、5日発売の『月刊まんがタウン』(双葉社)に掲載され、今回の1126話で最終回となった。今回は主人公・しんちゃんの母・みさえが腹痛を訴え、救急車で病院に搬送されるものの、単なる腹痛だったという同作品らしいコミカルなエピソード。だが、家族愛に満ちた展開を迎え、最終回にふさわしいストーリーとなっている。また、同誌には、「いつ読んでも笑顔を届けてくれる温かい作品を長きに亘り描き続けてくれた臼井先生に心から感謝いたします」という編集部からのメッセージも掲載されている。

 『クレヨンしんちゃん』は1990年に連載開始。1992年4月にアニメ化され、現在も続く大ヒットシリーズとなっている。映画版も次々に公開され、海外でも人気を博している。そんな中、昨年9月、登山が趣味であった臼井さんが荒船山へ単身で登山に出かけたまま、家族と連絡が途絶え、後に、転落死していたことが判明。人気漫画家の不慮の死を日本中が惜しんだ。作品の継続が話題になる中、アニメは臼井さんの原作を元に、引き続き放送を続行。18作目となる映画『クレヨンしんちゃん超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』は4月17日(土)に公開されることが決定した。」
(上記記事より一部抜粋)


臼井先生といえばコサキンリスナーでもありまして(『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』ではコサキンの二人が声優としてゲスト出演している)ムックン(小堺一機)のラジオ番組で言ってた小さい野望「リチャード・ギアに間違えられて『違いますよ』と言って否定する」というのが記憶に残ってます。
思えばマンガはあまり読んだこと無いのに氏の肉声だけは聞いたことがあると言うのもなんか不思議だ。
[PR]

by AshikaRecord | 2010-02-05 23:30 | マンガ

<< 今夜の関東深夜枠【簡易版】 今夜の関東深夜枠【簡易版】 >>