トランスメディア提供アイコン01 柴又行ってきました

a0007635_2040954.jpg
最近鉄分があがってきているためか無性に遠出したくなったので都営地下鉄「秋」のワンデーパスを買って柴又まで足を伸ばしてみました。ちょうど台風一過の良い天気。旅行日よりです。
柴又へは12年前、寅さんファンだったので上京してすぐに行ったのですが、当時は東京の複雑な鉄道会社間の乗り入れ事情もまったくわからず、下手な乗り継ぎを繰り返して行ったためものすごくお金と時間がかかっていたのですが経験値もあがった今は1時間ほどで行けるようになりました。

都営浅草線に乗って泉岳寺で乗り換えると、運良く京浜急行の600形という車両がやってきました。これは座席のほとんどがクロスシート(20071030追記:今日確認しましたが最近はドア間の座席は通勤電車と同じロングシートになってるそうです。)なので、通勤電車車両と違って車窓が楽しめるタイプの車両です。
地下鉄で車窓も何もないと思われるかもしれませんが、こういうタイプの車両で、とくに先頭車両で運転席を通して前方が見えると地下鉄の車窓もかなり面白いのです。左右のカーブの他にも地下鉄の線路は以外と昇り降りがあるので規模の大きな遊園地のアトラクションのようです。(この辺は野田隆氏の「テツはこう乗る 鉄ちゃん気分の鉄道旅 (光文社新書)」【AA】に詳しいです。)ちなみに私もしっかり先頭車両の最前列シートに座り年甲斐もなく車窓を楽しみました。(^_^;

青砥、高砂と乗り継いで柴又に付くと寅さんの銅像が出迎えてくれます。上京当時は存命だった渥美清氏もその後まもなく鬼籍に入られ、いつかまた行かねばなるまいと思いつづけるも諸事情で行けないまま、結局10年以上も柴又には足を運んでいませんでした。
日曜日というのもあってか参道、帝釈天ともに人が多かったですが、ほとんど変わってない参道の様子が懐かしく、また楽しかったです。

でもお参りしておみくじ引いて草だんご食べたらさっさと帰っちゃったのでした。(^_^;
ちなみにワンデーパスがもったいないので帰りは神保町によりました。古書祭りやってるなんて知らなかったのでなんかラッキーでした。

次の休みの日もワンデーパスでどっか行きたいな。
[PR]

by AshikaRecord | 2007-10-28 21:12 | 雑記

<< 今夜の関東深夜枠【簡易版】 レンタルできてよかった! >>