トランスメディア提供アイコン01 世間の車窓から(2007.10.07・序)

今回は「品川→東京・一都六県160円大回りの旅」をお送りします。
a0007635_13455814.jpg


前回の中回りの旅から2週間、懲りずに今度は大回りをしてきました。
今回はじっくり時間をかけて計画を組み立てましたが今回もまた行き当たりばったりな旅になりました。
今回とったコースは以下のとおり。
a0007635_1352093.gif
品川→東京
運賃:160円
品川5:10→(東海道本線)→川崎5:19
川崎5:31→(南武線)→尻手5:33
尻手6:01→(南武線)→浜川崎6:08
浜川崎6:24→(鶴見線)→鶴見6:37
鶴見6:39→(京浜東北・根岸線)→大船7:18
大船7:25→(東海道本線・湘南新宿ライン乗り入れ)→茅ヶ崎7:37
茅ヶ崎7:47→(相模線・橋本から横浜線へ乗り入れ)→八王子8:58
八王子9:04→(八高線)→高麗川9:48
高麗川10:22→(八高線)→高崎11:52
高崎11:59→(両毛線)→小山13:48
小山14:09→(水戸線)→友部15:14
友部15:17→(常磐線)→我孫子16:32
我孫子16:46→(成田線)→成田17:27
成田17:38→(成田線)→佐倉17:52
佐倉17:55→(総武本線)→成東18:21
成東18:23→(東金線)→大網18:44
大網18:58→(外房線)→蘇我19:17
蘇我19:23→(京葉線)→東京20:15


とにかく最初から最後まで忙しい旅でした。
それでは
「一都六県160円大回りの旅・序:
『八高線』の『八高』は『うっかり八兵衛は高橋元太郎』の略ぢゃないよ編」
をどうぞ。



●戦いはこれからだ
一週間ぐらい前から情報を収集、乗換計画を組み立て、さらに持っていく缶コーヒー(ブラックと甘いミルク)、エンゼルパイなどを用意しておきました。そして20:00には就寝したのですが…
2:00に起きるつもりが根過ごして3:00起床!

これにはめちゃくちゃ慌てました。とにかく50分で食事、荷物の準備・確認をし、家を出て山手線大崎駅へ歩いて向かいます。4:25ぐらいに駅に到着し、品川方面の始発に乗り込み品川駅へ。
品川駅ではいったん改札を出て、乗り込む予定の列車を待ちます。
駅の施設はほとんど閉まっているので、一旦駅構内を出て、外にあるコンビニに入り雑誌を立ち読みしたりしてうろうろしますが…ここで食事のときに飲むトマトジュースをカバンに入れるのを忘れているのに気づきました。結局コンビニでトマトジュースを2本買い、再び駅構内へ。

●品川5:10→川崎5:19(東海道本線)
4:45ぐらいにいよいよ切符を買ってホームに入ります。
a0007635_14481282.jpg
ここでいきなりミスしそうになりました。東海道線のホームに行こうとしましたが、電光掲示板を良く見ると、品川始発の5:10の列車は臨時ホームから出ることになっていたのです。慌てて戻り、臨時ホームへ降ります。
a0007635_14511242.jpg
a0007635_14515091.jpg
臨時ホームに列車が入ってきました。臨時ホームということもあってか地面にドアの位置が明確に表記されてないので列車が止まるのを待ってから乗り込みます。
列車に乗ると、奥の方に京浜東北線が停まってるのが見えました。先に発車したようなのであっちに乗ればよかったかとも思いましたが、あっちは大井町、大森、蒲田に各駅停車するのでたぶん途中で追い抜くだろうなと思い直しました。だんだん秋らしくなってきたからでしょうか、列車の乗客は半袖と長袖が半々ぐらいで前回のようにサーフボードを持った人などいません。私は半袖で少し肌寒く、長袖でも羽織ってくればよかったかなと少し後悔しました。
やがて列車が発車しました。途中、先に発車したらしい京浜東北線を見送りながら、最初の乗換駅で品川から一駅の川崎に降ります。
a0007635_1555024.jpg


●川崎5:31→尻手5:33(南武線)
前回とは違い時間があるので、ゆっくり歩いて、途中トイレに入ったりして南武線のホームに降り、列車を待ちます。
a0007635_15102236.jpg
a0007635_15112352.jpg
そして南武線に乗り込みますが、また一駅で降りるのです。(^_^;
a0007635_1514750.jpg


●尻手6:01→浜川崎6:08(南武線)
尻手では浜川崎の方へ行く南武線に乗り換えます。
a0007635_1516020.jpg
既に到着して扉の開いていた列車に乗り込みます。ここで持ってきていたミルクコーヒーを飲み、30分弱待ちます。しかしまだ朝早く、扉も開けっ放しのせいか少し寒いです。待っている間、川崎を出たらしい南武線が何本か停車するのが見えました。ここで待たずに川崎駅なかでしばしすごしてからの方がよかったかななんて少し思いました。
そして列車は発車し浜川崎へ。ほんの数駅の行程をへて、浜川崎駅に着きます。
a0007635_15341951.jpg
a0007635_1535219.jpg
ここは無人駅で、しかも乗り換えの鶴見線のホームへは一旦改札を出て道路を隔てた鶴見線ホームへ行かねばなりません。
「途中下車」にはあたらないらしいので「大回り乗車」としてはOKと言うことらしいのですが…(^_^;
ちなみにSuicaで乗車して降りる人は駅出口近くにある端末にタッチする必要がありますが、乗り換えの人はタッチしてはダメだそうです。
a0007635_15383239.jpg
で、そんなこんなで鶴見線の浜川崎駅へ。

●浜川崎6:24→鶴見6:37(鶴見線)
a0007635_1547267.jpg
こちらの浜川崎駅も無人です。Suicaのタッチ端末があります。
a0007635_15485744.jpg
数分待って列車に乗り換えますが、ミルクコーヒー飲んで少し肌寒い空気にしばしさらされてたせいかトイレに行きたくなってきました。しかし列車が来る時間が近づいてきたので鶴見駅でトイレに入ることにして列車に乗り込みます。
a0007635_1551322.jpg
噂には聞いていましたが鶴見線は工場地帯をつっきっています。工場好きにはたまらない路線ではないでしょうか。クレーン車がずらりと並んだ風景もあったりしてなかなか壮観だったのですがシャッターチャンスを逃してしまいました。そうこうしているうちに列車は鶴見駅へ。
a0007635_15544834.jpg


●鶴見6:39→大船7:18(京浜東北・根岸線)
ここでこの旅の関門にさしかかります。
a0007635_1633293.jpg
鶴見駅では鶴見線との乗り換えには改札を通らなくてはなりません。当然品川から160円の切符では自動改札は通らないので、駅員さんに説明して通してもらわねばなりません。
内心ドキドキしながら、自作の乗換工程表とメモをカバンからとりだし、
「あの〜大回りやってるんですけど…」
と、駅員さんに切符と一緒に見せて説明します。
そして駅員さんはしばし切符などを見つめると
「あ〜はいはい、どうぞ。」
とあっさり通してくれたのでした。「ああ、また来たよ」って感じだったのでしょうか。(^_^;
なにはともあれ改札をパスし、とりあえずトイレへ向かいますが…トイレが見当たりません。乗り換えの時間があまりないので結局次の列車に乗るため京浜東北線のホームへいきます。
ホームには既に列車が来ていたようなので急いで飛び乗りますが…
a0007635_16223643.jpg
乗り込んだ途端列車は発車してしまいました。なんとか慌てて写真を撮ります。どうやら間違って予定していた列車よりも一本早いのに乗ってしまったようです。しかたがないので座席にすわって時刻表をとりだし、高麗川駅までの行程の再構築を始めました。なんか今回の旅も慌ただしくなりそうな予感です。
どうやら次の大船駅では乗換に8分。この間にトイレにいって駅弁買って乗り換えなければいけないようです。
再構築がすんだ後は車窓を楽しみます。大船までは横浜を象徴するものがいろいろ見れました。テレビでよく見るでっかいビル(名前失念(^_^;)や、中華街、横浜スタジアムなど、ちょっとした横浜観光です。やがて列車は大船駅に到着します。
a0007635_1636161.jpg
到着後はいそいでエスカレーターをのぼり、トイレで用を足します。そして駅弁を…と思ったのですが、日曜日の8:00前というのもあってか駅なかのお店が半分以上閉まっています。駅弁のお店ぐらいは開いているとは思ったのですが、いかんせん広い構内と、場所が悪かったのかお店が見当たりません。時間も迫っていたので、乗り換えに余裕がありそうな、次の乗換予定駅の茅ヶ崎で駅弁を買うことにして東海道線のホームへ降ります。

●大船7:25→茅ヶ崎7:37(東海道本線・湘南新宿ライン乗り入れ)
a0007635_16411694.jpg
しかし想定外の事態はここでも起きました。ホームの電光掲示板を見ると予定よりも一本早く湘南新宿ライン乗り入れの列車が入ってくるというのです!茅ヶ崎で時間に余裕をもたせるため慌てて飛び乗ります。

●茅ヶ崎7:47→八王子8:58(相模線・橋本で横浜線に乗り入れ)
茅ヶ崎到着後、駅弁を買いに駅中へ急ぎます。ここで買う予定の駅弁は「鯵の押寿し」で有名な「大船軒」の「鎌倉いなり」です。360円とリーズナブルな価格で三種類の中身が違ういなり寿しがたべれると期待していたのですが…
大船軒のお店は改札の外にあったのです!
改札の駅員さんに聞くと、駅弁のお店はここしかないということでした。一旦出てもいいと駅員さんは言ってくれましたが、品川から160円の切符では再入場できないかもしれないと思い、泣く泣くいなり寿しは諦めました。そして結局この旅最初の食事はキオスクで買ったこれになりました。
a0007635_1714629.jpg
お腹も減っていたので早速ホームでトマトジュースと共にいただきました。次の補給地(?)の高崎駅ではこんどこそちゃんと駅弁を買うぞ!と決意しながら。
a0007635_18184615.jpg
a0007635_18194047.jpg
そして相模線で橋元へ向かいます。
a0007635_1821158.jpg
a0007635_18212984.jpg
a0007635_18215998.jpg
相模線の車両は通勤通学用の車両で、先頭車両の一番前に座ったせいか、前方の風景が見えていい眺めです。路線もまっすぐな線路が多いせいか見はらしがいいです。多分この車両でいなり寿し食べたらすごく恥ずかしかったでしょうけど、これはこれでOKです。
そのうち車内アナウンスであることに気づきました。どうやらこの列車は橋本から横浜線の路線に乗り入れて八王子まで行くようなのです。橋本での乗り換えがなくなったせいで、また時刻表を引いて八王子での乗換を調べます。どうやらうまくいけば到着6分後の八高線に乗れるかもしれないようです。
やがて車両には乗ってくる人が多くなって車窓が見えなくなり、橋本での乗り換えがないことに安心したせいか、いつの間にか眠ってしまいました。しかし八王子直前で目が覚めてときは、満員に近い状態で人が乗っていることにすごくびっくりしました。しかもトイレにも行きたくなってきています。はたして6分の間にトイレと乗換をこなすことができるでしょうか。

●八王子9:04→高麗川9:48(八高線)
八王子到着直後、いそいでエスカレーターをのぼり、トイレで用を足し、八高線のホームへ向かいます。
a0007635_183306.jpg
なんとか八高線には乗れましたが時間ぎりぎりで車両の写真は撮れませんでした。しかも乗った列車は高麗川どまりでは無く、通り越して川越までいくので、うっかり居眠りもできません。ちょっとした緊張感を持ちながら高麗川駅へ向かいます。車窓は高麗川駅に近づくにつれて、段々山の中へ入っていくような感じがします。
そうして到着した高麗川駅は小さな駅でした。なぜかあちこちに大河ドラマ「風林火山」関連のポスターが目立ちます。ここは埼玉県のはずですが、ひょっとして山梨県に近いのか、それとも戦国時代は武田の支配下だったのでしょうか。

序盤は想定外の事態もいくつかありましたが、高麗川から先はそんなことも起きなさそうな位スケジュールがタイトになっています。
それでは続きの群馬・栃木・茨城の北関東3県編は次の「破」にて。
[PR]

by AshikaRecord | 2007-10-08 18:45 | 雑記

<< 世間の車窓から(2007.10... 今夜の関東深夜枠【簡易版】 >>