トランスメディア提供アイコン01 書くことが無いので静岡旅行記でも書いてみる

つってもあまり記憶に残ってないのですが。

静岡ホビーショーの一週間前まで行くつもりは無かったのですが「装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズ」の新作トレイラーが見れるという誘惑に耐え切れず軽い気持ちで行く方法を探してみたのですが列車はやはり高い。青春18切符も一度に出す額にしてはチト高い。(つうかよく考えたらシーズンじゃない。(^_^;)そんな感じで悩んでいたところフトある方法が思いつきました。




そうだ!高速バスだ!

調べて見たら片道3000円未満、しかも往復便なら割引が効いて5000円かかりません。
しかし高速道路を使うとはいえ途中停まる停留所があまりにも多いためか片道3時間強。なんとか現地で動き回る時間を多めに取るため始発で行くことを決意。無論帰りも帰ってからの更新などを考えて夕方手前の時間を選択。
あとは機材・食料の準備と現地の情報収集。
Googleマップで調べると駅周辺は予想よりもコンビニやファーストフード店やラーメン屋が少なそうでした。しかし会場のとなりがイトーヨーカドーなのと、会場にも屋台が出てるようなので補給などはそっちに依存することにしました。

前日18日の金曜日、仕事で遅く帰宅したため結局睡眠時間は4時間に。ナポレオンでもないのに。とりあえず遅くまでおきている知人にモーニングコールを頼み就寝。

当日19日土曜日、知人のモーニングコールで3時に起床。朝食をとり、ぎりぎりまで情報収集を続けてカバンのゲームボーイアドバンス、デジカメと交換用電池、お菓子などを確認し5時に出発。
6時少し前に東京駅着。高速バスの停留所で待っていると、フト肌寒いのに気付きました。もう一枚長袖を羽織っておくべきだったかと後悔しながらバスに乗車。この高速バスには需要があるのかたちまちほぼ満席になりました。
ただ隣に乗った人、旅なれていない感じがしました。
バスで紙パックジュースを飲むとは。座席背もたれ据付のテーブルから滑り落ちたらどうするんだろうと余計なことを考えながらバスは出発。隣の紙パックジュースを気にしながらもなんとかこぼれ落ちずにバスは東名高速を走ります。

そのうち4時間睡眠がたたったのか、いつの間にか寝てしまいました。意外にもこの高速バス座席スペースがやや広めなので就寝に全く問題ありませんでした。その後1時間ぐらい経ったところでしょうか。目が覚めたのですがそこは豪雨の御殿場。一応折り畳み傘もかばんに入れてましたが果たして現地は大丈夫かと一瞬不安になりました。

更にバスは走りつづけ、やっと静岡県に入ったところぐらいでしょうか。海辺が見えるようになったあたりで雨は上がりすがすがしい青空と綺麗な海が見えてきました。そういえば当日は気付きませんでしたが綺麗な海を見るのはいつ以来だったでしょうか。

途中10分ほどあるインターチェンジ(名前失念)で停車。
私は降りずにエコノミークラス症候群予防のため一旦靴を脱いで足を動かしたりしました。こんなんで予防になるのか知りませんが。(^_^;
まぁその1時間後ぐらいにやっとこさ高速をおりて静岡市内へ。市内はなぜか道が込んでて、チトいらいらしましたが、なんとか予定時刻に大幅に遅れることもなく静岡駅北口到着したようでした。だいたい9:45ぐらいだったでしょうか。

とにかく会場までの無料シャトルバスに乗るため南口のバス乗り場へ。しかしそこにはホビーショー会場の静岡ツインメッセへ赴かんとする人たちの行列が。案内の人によると1時間ぐらい待って、さらに渋滞しているため歩いていったほうが早いとのこと。
ちなみに現地の天候はすがすがしいまでの晴れ。しかもチト暑い。
長袖を羽織るのが杞憂に終わったとはいえこの中を歩いていくのにはチト抵抗がありましたが見回る時間をなるだけ確保するため結局歩きでいくことに。

現地の人に道を聞き、途中道を間違えたり、一旦食事にしようと食堂に入ったらまだ準備中だったりとつっかかりながらなんだかんだで30分ほどで会場へ。
11時ですが、静岡到着までバスの中で軽くお菓子をつまむぐらいしかしてなかったのでまずは腹ごしらえと、会場となりのイトーヨーカドーでトイレに寄ったついでにお茶を買い、会場でケバブサンドを食べて会場内へ。

会場内はすごい人だかり。しかし私はその中で黙々と撮影を続けました。道の混雑振りや帰りのバスの時間なども計算すると3時間ぐらいしか見回る時間はありません。
もっとも会場が予想よりも狭かったのと、トシのせいか体力も限界に来ていたようなので2時間ほどで切り上げ。

なぜか会場に来ていた静岡商業高校(だったかな?)の吹奏楽部の「宇宙戦艦ヤマト」の演奏を聴きながら会場をあとにしました。
ちょうど会場を出てすぐのところで静岡駅までの無料シャトルバスが出ていました。暑い中また歩きたくないので飛び乗り。しかし落とし穴が。静岡駅は静岡駅でも「東」静岡駅でした。しかし東静岡駅、建物は豪華なのになぜ周辺はあんなに閑散としていたのでしょうか。

とにかく東静岡駅で列車に乗って静岡駅へ。一駅なので数分で到着。
予想より早目に帰宅できそうなので高速バスの事務所で帰りのバスを1本繰り上げてもらって駅ビルで昼食。しかし駅ビルの食事とはいえ冷やしたぬきそばがケバブサンドより高いのはどういうことなのでしょうか。
そしてこれは何なのでしょうか。
a0007635_2356213.jpg


おなかを満たした後はどこに行くこともなくひたすらバスを待ちます。
つうか北口はロータリーが工事中でついたてがしてあって駅周辺が見えなかったのでどこに行く気にもなれなかったのでした。
15時、バスが到着するとそそくさと席を確保し、静岡を後に。今回は隣に乗る人もなくかなり余裕な状態で座れました。ゲームボーイアドバンスで音楽を聞いていると疲れが出たのかまたいつの間にか寝てしまいました。

1時間後フト目が覚めるとまた往路で停まったインターチェンジで10分ほど停車したようなので靴を脱いで足の運動。そのままボーっと音楽を聴きながら
18時半すぎぐらいにやっと東京駅に。そしてそのまま帰宅し20時前ぐらいにやっと帰宅しました。

しかしもうトシなのでしょうか。旅マン(byほりのぶゆき)でもないのに一つ県を挟んだ街へ日帰り旅行とするというのは体にかなり負担だったらしく翌日はほとんどぶっ倒れてました。このようではもう今年の夏コミは始発取れないかもしれません。

それにしてもたまには旅もいいもんだと思いました。往路、東名向ヶ丘停留所にいた、高速道路の真横でバイオリンを弾くおじさん(しかもバスに乗らなかった)とか、復路どこかの山の中にみつけた豪華客船型の建物「ク●ーンエ●ザ●ス」(おそらくモーテル)とかよく分からないものも一杯見れたし?(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2007-05-22 23:54 | 雑記

<< 今夜の関東深夜枠【簡易版・テレ... 今夜の関東深夜枠【簡易版】 >>