トランスメディア提供アイコン01 今日偶然であったマンガ

絵柄で「な~んだ」と思うなかれ。
なかなか味わい深いマンガですぞ。

城物語【AA】
著:冨士宏


舞台は中世ヨーロッパ(十字軍の最中か後だったと思います。以下あらすじもかなりうろ覚え(^_^;)。
幼少より騎士にあこがれていた鍛冶屋の息子。
しかしある日彼は領主である貴族の庶子であることを明かされる。
騎士の称号を授かり、辺境にある城の城主を命ぜられたが、城の内実は三人の古参騎士が実権を握り、近隣の城との小競り合いも起こる厄介な土地だった。
果たして少年は数々の苦難を乗り越え、理想の騎士へ成長することができるだろうか?

絵柄は最近流行の萌え絵でなく、なんだかのほほんと柔らかい感じですがお話は少年の成長ストーリーとして味わい深く、また作者本人が中世ヨーロッパにすごく詳しいようなので歴史オタクも納得な内容だと思います。

ただ…このマンガ、連載していた雑誌が廃刊になってしまったため序盤でお話が途切れてしまってます。(^_^;
一応キリのいいとこで終わってはいますが、作者ご本人も未練はあるようでこの単行本を「パイロット版」と位置づけ、続編を描かせてくれる出版社を募集しているようなことが描かれていました。

ホント面白いマンガなんでどこかで実現しないものですかねぇ?(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2006-07-16 21:04 | マンガ

<< 今夜の関東深夜枠 今夜の関東深夜枠 >>