トランスメディア提供アイコン01 とりあえずクリッピング

Sankei Web:オタクな空間 日本の独自文化、世界へ発信 伊の国際的建築展テーマに

「日本の最先端文化はアキハバラ? 今秋、イタリアで開かれる国際的な建築展「第九回ベネチア・ビエンナーレ建築展」日本館のテーマが、「おたく:人格=空間=都市」に決まった。会場では、東京・秋葉原の街並みや、同人誌即売会の会場など“オタクな空間”を紹介。欧米建築の影響を受けない日本独自の文化として、世界へ発信される。な
(中略)
また森川氏は、アニメの美少女キャラクターなどにひかれることを意味するオタク用語“萌え”に着目。今オタクが最も“萌える”フィギュアを作る人気原型師、大嶋優木氏を起用、作品の目玉として、巨大な幼女フィギュアを展示するという。
(中略)
「『侘(わ)び』『寂(さ)び』と並ぶ、特徴的な日本の美意識が“萌え”」と森川氏は断言する。果たして、オタクが生み出した新しい美意識“萌え”は、世界に正しく伝わるのか?」
(上記記事より一部抜粋)


とりあえず「巨大な幼女フィギュア」はやめたほうがいいと思うのですが。(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-30 22:40 | 雑記

<< ロシアより愛をこめて? ちなみに私は禅宗ではありません... >>