トランスメディア提供アイコン01 『吐けば楽になるぞ』

投稿タイトルは刑事ドラマで定番のセリフ…かな?(^_^;

海外ボツ!News:「ごめんなさい」が言えなくて……

「ある電話番号に電話をすると、留守電につながり、「どんなことでも、謝りたいことを謝ってください。ごめなんさいって言うんです。心が軽くなるかもしれません」というメッセージが流れる。

こんなもの誰が利用するのかと思うが、週に30~50人の利用者がいるというから驚き。さらに、なにやら人間の深いところをついたディープなこのサービスを思いついたのがまだ20歳の若造だと言うからまたビックリだ。ニューヨーク州ポキプシーのヴァッサー大学で美術史を選考する2年生、ジェシー・ジェイコブ君がニューヨークで始めたもの。
(中略)
このサービスをどう考えるかは意外とむずかしいね。

人間の心は脆い。人によって程度の差はあれ、憎しみ・悲しみ・罪悪感など、ネガティブな圧力が一定期間かかると人間の精神は壊れてしまう。留守電に、許しを乞い、それで一時的にでも心が軽くなって「今日」が凌げるなら、それでいいじゃないか、とも思う。

ただ、安っぽい慰安や自己憐憫はクセになりやすいし、本当に悪いことをしたと後悔しているなら、沈黙の中で反芻し、骨身に刻むことも大切だ。さもないと同じパターンの間違いを何度でも繰り返してしまう。」
(上記記事より一部抜粋)


このサービスの良し悪しの判断はおいとくとして…

今もいるのかどうかは存じませんが、去年ぐらいに渋谷駅ハチ公口前の広場で「あなたの話聞きます」のようなことをやっている人がいました。
料金は無料で、最初に見たときは「こんなのやる人がいるんだろうか?」と思ったもんですが、その後テレビでも取り上げられていて、若者の話し相手になっているようでした。

相手がいるいないにかかわらず、胸のうちに抱え込まずに、「声に出して洗いざらい話す」という行動は精神的な負担を和らげる効果があるんでしょうかね?
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-29 23:54 | 雑記

<< 日本公開時期決定? 以前「HEY! HEY! HE... >>