トランスメディア提供アイコン01 一度「秋葉原の七不思議」を結集(けつじゅう)してみるってのはどうだろう?

アキバblog:アキバに近藤真彦の直筆イラストとサイン入り精米機があった



ほとんどアキバblogさんからの受け売りだが、中央通沿いの、末広町駅近くにある、サタケという精米機メーカーの「お米と麦のショールーム」に展示してあるそうだ。

タウンページの情報が追いつかないくらい様々な店舗が生まれては消えていく、変化の激しい街・秋葉原。私も週に一回は行っとかないとその変化についていけなくなりそうな気がする。

しかしその一方で、中央通から一筋はずれた小さな通りには昔から続いているお店なんかがあったり(そういや今「牛丼サンボ」は営業しているのか?)、ちょっと気まぐれに角を曲がると新たな発見をしたり、上記記事のように、いつもは素通りしているが、ふと注意を向けると意外な存在を発見できたりする。

最近は妙に「かわいい女の子への萌え萌え度」が高めの秋葉原。しかしそれがある日突然終わりを告げ、新たなマニア・オタクのステージへと変化するのも秋葉原。そしてそれらにも流されないモノが存在するのもまた秋葉原。

最近は少し飽きかけていたが、どうしてどうして、秋葉原にはまだまだ面白いモノが存在するようだ。(^_^;

ちなみに「結集」の意味はこちら。
[PR]

by AshikaRecord | 2004-05-26 21:04 | 雑記

<< 「折り紙付き」のロボットになるか? 昔の名前で出ています >>