トランスメディア提供アイコン01 今日のチョットいい話

最近いろんな意味で寒いニュースが多いのでたまには暖かい話を。

CNN.co.jp:103歳おばあちゃん、念願かなってアメフト初観戦
「米北部ウィスコンシン州の老人養護施設で暮らすレオーネ・マーガレット・マッケニーさんは、103歳の元小学校教員。小さな頃から米プロフットボールNFLのグリーンベイ・パッカーズの大ファンだったが、スタジアムで実際に生の試合を見たことがなかった。

1947年からパッカーズの本拠地グリーンベイ地区で暮らしているものの、夫がそれほどアメフトに興味がなかったため、試合に行く機会がなかったという。しかし、5年前に施設に入ってからも、テレビでの試合観戦を欠かさず、チームの帽子とユニフォームを着て、パッカーズを応援し続けていた。

そんな様子を見ていた職員たちは、施設のオーナーがクリスマス前に、余っているパッカーズのチケットを抽選で職員に贈ると伝えた際、マッケニーさんにプレゼントすることを提案。だれも反対しなかった。

元日のシーズン最終戦、しかもボックスシートのチケットを贈られたマッケニーさんは、まるで大きな子どものように泣いて興奮。この様子を、「これだけ長い間、パッカーズの試合観戦を待ち続けていた人なら、だれでもそうなるでしょ」と語ったという。

マッケニーさんは現在、目が悪くなって耳もあまりよく聞こえない。スタジアムに行っても、選手の動きがちゃんと見えるかどうか、わからない。でも、「その場にいられて、パッカーズ・ファンの一部になれるっていうことだけで興奮もの。わたしにとっては、何もかもが新鮮」と喜んだ。

パッカーズは今季、シーズン最終戦を前に3勝12敗と低迷し、ナショナル・カンファレンス北地区の最下位。しかし、マッケニーさんが観戦した元日は、シアトル・シーホークスに23─17で勝った。

介護士に付き添われて試合を見たマッケニーさんは、「この日のことは絶対に忘れない。こんなに楽しい思いをしたのはいつ以来だろう? 覚えていないくらい。すばらしかった。しかも、試合には勝ったし」と、満足した様子だった。 」
(上記記事)

[PR]

by AshikaRecord | 2006-01-06 22:05 | 雑記

<< 新年のTVドラマ 今夜の関東深夜枠 >>