「ほっ」と。キャンペーン

トランスメディア提供アイコン01 意外な?あるいは当然の?需要

日本の漫画ブームを支えるアメリカン・ガールズ | Excite エキサイト
「ブームのきっかけは、2002年11月に「少年ジャンプ」がアメリカで発売されたこと。創刊号はおよそ30万部が売れた。それから徐々に、アニメ化された漫画や、ゲーム・キャラクターが登場する漫画に人気が出始めた。その中で、女の子の読者が増えてきているのが新しい。

もともと女の子達は漫画を読まなかった。なぜなら彼女達を対象にした少女漫画がなかったから。学園ラブコメ、スポーツ根性もの、はたまたシリアス恋愛もの。全くもってない。アメリカン・コミックの主流である「スーパーマン」や「スパイダーマン」のような、筋肉むきむきのアクションヒーローものに登場するヒロイン達は、たいていナイスバディの、セクシー姉ちゃん風のものが多く、ステレオタイプ的なキャラクターで面白くない。女の子達は見向きもしなかった。

ところが 最近、ソフトなタッチのまるっこい、かわいいキャラクターが活躍するアクション・アニメがテレビで放映されると、男の子はもとより女の子達も夢中になった。

そのアニメでは、女の子達はおきゃんで、気が強くてかわいく、悩んだり失敗したりと、比較的等身大の女の子に近い。そしてヒーローに愛され、ちょっとしたラブストーリーも楽しめるとあって、乙女心をそそるようだ。アニメの人気につられて原作の漫画が売れている。

ハイティーンの女の子達には、もう少し複雑なストーリーの漫画が人気があるようだ。無頼漢の侍が主人公の漫画や、SF仕立ての学園もの等、「クール!」とか言って買ってゆく。

面白いのは、いわゆる少女漫画が人気なのではない。アクションあり、冒険ありの少年漫画や青年漫画が人気なのだ。特に女性作家による少・青年漫画が女の子達に人気なのは、アメリカと日本のジェンダー意識を比較してみる上で、おもしろい特徴かもしれない。また、アメリカナイズされた少女漫画はこれから注目の分野だろう。将来日本にも逆輸入ということもありえる。」
(上記記事より一部抜粋)


これで思い出したこといくつか。

●その1
あまり関係ない昔聞いたセールスマンの話
「二人の靴セールスマンが、ある未開地に市場調査に行った。二人の調査した内容はまったく同じだったが、出した結論はまったく別だった。
 A「まったく見込みなし。当地では、靴をはく習慣がない」
 B「大いに見込みあり。当地では、まだ誰も靴をはいていない」」


まぁ上の記事では「女の子向けのマンガがない」という点が当てはまるかもしれませんが「人気なのは少女マンガではなくて女性作家による少・青年マンガ」という点が面白いですな。

●その2
ジャンプのマンガは昔から女性人気があるようで、コミケでも女性向け同人の日には一大勢力を誇っています。未だに「スラムダンク」の同人を出してるサークルがあるとかないとか?
そんなことをオフ会かなんかで話したらネット知人の一人がこんなことを言いました。
「集英社は『少女ジャンプ』を出すべきだ!」


●その3
なんでもパワーパフガールズが日本でリメイクされて放送されるという噂を聞きましたがこれは関係ないな。(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2005-05-16 21:09 | マンガ

<< 一歩一歩踏みしめるもの 予想外の結果 >>