トランスメディア提供アイコン01 これぞミステリ

ちょっと忘れてた記事を投稿。

全部読んだことはないですが私はエドガー・アラン・ポオの小説が好きです。
ポオといえば推理小説の父。そんなポオらしいミステリな実話があるそうです。

海外ボツ!News:ポーの墓を訪れる謎の男

「1月19日は、「モルグ街の殺人」「アッシャー家の崩壊」などで知られる米文学者、エドガー・アラン・ポーの誕生日に当たる。ポーの墓はメリーランド州ボルティモアの墓地にあるが、毎年19日未明になると、1人の男が現れる。黒っぽいフードで顔を隠したその男は深夜、墓地に忍び込み、深紅の薔薇3本と半分ほど飲んだコニャック「マーテル」のボトルをポーの墓前に置くと、再び闇の中に消えてゆく……

なんともミステリアスな《墓参り》だが、ポー記念館のジェフ・ジェローム館長によると、《謎の男》の訪問は、ポーの死去100周年に当たる1949年から、なんと54年間も絶えることなく続いているという。そして、ジェロームさんをはじめだれも《彼》の正体を知らないし、その密かな儀式を目撃した者もいないそうだ。

1976年から、この儀式をウォッチしているジェロームさんによると、《謎の男》は一度、代替わりしているという。1993年、墓に「松明は引き継がれた」という暗示的なメッセージを記した紙片が置かれていた。さらにその後、初代が1998年に死亡し、彼の息子たちが《伝統》を引き継ぐことを伝える手紙を受け取ったそうだ。

墓に残される3本の薔薇は、ポーと同じ墓に埋葬されている妻のヴェージニア、それに義理の母、マリア・クレムに捧げられているのだろう、とジェロームさんは推測している。飲みかけのマーテルが何を意味しているのかは、まだ解明されていない。 」
(上記記事より一部抜粋)


ちなみにこの「謎の墓参り」は今年もやってきたそうです。
「今年は墓に添えられた3本の薔薇と飲みかけのコニャック「マーテル」を持つ、ジェロームさんの写真がAPから配信されたので紹介しておきます。」
とのこと。

海外ボツ!News:3本の薔薇とコニャックが捧げられたポーの墓


[PR]

by AshikaRecord | 2005-01-23 19:55 | 雑記

<< とりあえず書いときます ミリヲタもこれを読んでハマるのだ >>