トランスメディア提供アイコン01 狸は~無い、狸は~無い、そこに~ほほえみあ~る~だ~け~♪

カムヒア~大入道3~大入道3~♪(「無敵鋼人ダイターン3」の主題歌のノリで)

神北情報局:故郷は人型決戦兵器の街だぞ

情報ソース:山伏クレムリン: 現存する日本最古の戦闘ロボット誕生の地


何の話かというと、四日市祭の「大入道山車」のことだそうです。

「白黒の縞模様の着物を着て坊主頭の大入道のからくり人形で、演技時には銅鑼(どら)と太鼓のリズムに合わせて首を長く伸ばし、首をもたげて舌を伸ばして目を向き、両手を前後に大きく振ります。もともとは諏訪神社の例祭である「四日市祭」に桶の町のだしものとして登場しました。桶の町は当時海岸に面した蔵の多い所で、狸が出没してたびたび人を驚かせたので、これを鎮めるために「大入道」を制作したと言われます。」
(上記リンク先より一部抜粋)


で、「神北情報局」さんによると、どうもこれが元祖変形巨大ロボだというのですよ。(^_^;

「よ〜〜く、考えてもらいたい。大入道のユーモラスな顔に騙されないで、よく事実を検証して貰いたい。
 まずこれは、人類以外、つまり異種知性体との戦争の記録なのである。しかも、所有財を奪い合う経済戦争なのである。
 で、もっとよ〜く考えて欲しいのだが、この大入道は、その戦争における切り札。しかも変形をする兵器だったのである。つまり、変形ロボット・人型決戦兵器なのだ。」
(神北情報局より一部抜粋)


そうかぁ、日本人は昔から変形巨大ロボが好きだったのか!(^_^;
[PR]

by AshikaRecord | 2004-10-17 20:39 | 雑記

<< とりあえず書いときます 『もしも、こんな清掃員がいたら…』 >>